脊柱管狭窄症や心筋梗塞の原因を知る|正しい知識を得て治療しよう

介護

在宅医療の可能性

世田谷区では在宅医療を選択する人が増えています。在宅医療を効率良く行なうためには、地域や行政、周辺の医療施設などの密なコミュニケーションやネットワークの構築が必要不可欠なのです。

入院

心筋梗塞の初期症状

心筋梗塞は心臓に繋がる血管が狭くなり、十分な血液や酸素、栄養素が行き渡らなくなる病気です。国内でもその患者数は多く、死亡リスクが高い病気なのです。初期症状を把握し、早い段階で治療を始めましょう。

早期的治療の重要性

医者

脊柱管狭窄症は腰部脊柱管狭窄症とも呼ばれる病気です。脊柱管狭窄症は腰部分の脊柱管が狭くなり、脊柱管内の神経が刺激されることで痛みや麻痺症状を引き起こしてしまうのが特徴です。脊柱管狭窄症は主に70歳以上の高齢者に多く発症する病気ですが、若い人でも発症することがあります。脊柱管狭窄症の主な症状としては、腰の痛みを始め脚の痺れ、歩行困難などがあります。脊柱管狭窄症は、症状の度合いによって違いますが、痛みが和らぐ間隔やスピードが違います。そして、痛みや痺れを感じていても、少し休憩するとまた活動できる様になるというのが最大の特徴です。そのため痛みや痺れは歳のせいかもしれないと放置してしまう人が多いのです。

脊柱管狭窄症では脊柱管内の神経を圧迫し痛みを感じるのですが、その原因には主に2種類あります。1つめは先天的なものです。これは生まれつき脊柱管が狭い人が該当します。脊柱管が通常よりも狭いと、神経を圧迫しやすくなるのです。2つめの原因は後天的なものです。主な原因としてはすべり症や椎間板ヘルニアを治療するにあたって、脊柱管が狭くなってしまった人がこれに該当します。また成人へ成長する過程で脊柱管がしっかりと発達しなかった場合や、加齢による病気などもコチラに含まれます。柱管狭窄症は早い段階で処置を行なわないと、その症状が悪化し改善することが困難になる病気です。脊柱管狭窄症の疑いがある場合は、早めに病院を受診、検査し治療をスタートさせると良いでしょう。

病院

癌性胸膜炎を治す

癌性胸膜炎は胸の中に水が溜まってしまう病気です。咳が原因で胸の痛みを覚えるのが特徴です。癌性胸膜炎の治療方法としては胸腔ドレナージという方法を選択することが出来ます。